ビスト財団エンブレム

先日、スカルピーの表面処理について『焼成前はエナメル溶剤・焼成後はアセトン』ってのをみかけて、今まで自分のやってた切削以外で綺麗にできるらしいのでトライしてみました。
(アセトンは買ったけどまだやってなかったり^^;)

お題はガンダムUCビスト財団エンブレム、ユニコーンのマークがカッコいいですよね。
平らな面と円形の縁、ユニコーンのなだらかな部分が程よくあったので習作に選びました。

まず、土台の部分をオーブントースターで焼いても大丈夫なレジン素材で用意しました。

01

作り方は綿棒の円柱容器に複製時に余ったレジンをちょっとずつ注いである程度高さができたら完成。
ちょっと表面に気泡が多過ぎなのでもう一つ作成しました。

02

サイズを図って縮尺考えてざっと下書き記入。

03

綿棒容器の真ん中にあるへこんだ部分が中心かと思ったら微妙にズレてたorz
いや、ズレてたというか真円じゃなかった?
不足している部分の補充と鬣、角の土台を追加。

04

この段階ではまだ一発できっちり作る事をあまり考えておらず、エナメル溶剤で表面均しなどは行ってません。
(今考えるとこの段階でエナメル溶剤で表面均ししてきっちり形を作る方があとあと楽になったな)

05

06

土台に少しスカルピー盛ってエナメル溶剤での表面均しテスト。
綿棒にエナメル溶剤を付けて均したい部分を擦って平になるように頑張った結果、筆目ならぬ綿棒目がかなり目立つ状態ですがそこそこ綺麗な平面ができたと思いました(焼成前)

07

焼成後、スパチュラで造形した時にできるような痕はなかったけど、綿棒目は焼成前同様くっきり残ってて、表面を触ったら大きめな面にはなだらかな凹凸を感じる出来でした^^;
感覚頼りの綿棒で均すだけではやっぱ綺麗な平面はできないですね。

08

09

試行錯誤造形途中(角の土台は作業中にとれちゃいました)
なんとなく思った点
・エナメル溶剤は付けすぎるとスカルピーが柔らかくなりすぎる。
・エナメル溶剤を多めに付けた方が綿棒目は抑えられる。
・綿の締まってない綿棒はエナメル溶剤をつけるとすぐばらけて使い辛い。
・スカルピーにスカルピーを盛る場合、エナメル溶剤を付けた方が喰い付きがいい?
・平面はエナメル溶剤で表面を柔らかくしてスパチュラで撫でて平にするといい形で作成できた。

10

12

13

角を作ってドリルの螺旋も作って、残すはビスト財団の刻印のみ。

14

刻印ですが、焼成前に刻むパターンと焼成後に刻むパターンを試してみたのですが、どっちも納得のいく出来にならなかったので、この状態で一時中断^^;
一応、最後に軽くヤスリがけしてエナメル溶剤で均した部分の出来を確認したところかなり良かったです。
焼成後にアセトンで表面処理すれば本当にヤスリがけしないで済むレベルに仕上げられるかもしれませんね(楽しみ)

投稿者:

せーご

『B計画でいこう』というグループでホビー関係のイベントに参加しています。 主に粘土を捏ねてフィギュアを作っています。