塗装乾燥台

以前ちょちょっと作った塗装乾燥台がコレなんですが…

tosoukansoudai01

段ボールを切って木工用ボンドで張り合わせて輪ゴムで補強するだけのそこそこお手軽・超安価なもの。
作ってしばらくは「おー、ええやん^^」って感じだったのですが、上の面がガタガタで使い辛さが露見してきたので新調しました。

tosoukansoudai02

上面が綺麗な平面になり不満点解消できました。
綺麗に採寸した段ボールの切り貼りでもよかったのですが、今回はネットで見かけた低価格良素材の『ネコの爪とぎ』を使用してみました。

tosoukansoudai03

簡単な作成の流れ

1.外箱から中身を取り出す

tosoukansoudai04

2.中身を半分に切断する

tosoukansoudai05

3.切断したものを重ねる

一枚だけだと差し込んだ持ち手の安定に不安がある気がしたので重ねて差し込める距離を稼ぎます。

tosoukansoudai06

四隅に塗装の持ち手を刺して重ねたものの位置がズレないようにしてます。

4.ガムテープを適当に用意

tosoukansoudai07

家にあるのだと幅を半分にすると丁度いいくらいになりました。

5.重ねた横面をガムテープで固定

tosoukansoudai08

切断面はでこぼこでガムテープの貼付けに向かないので、それ以外の2面をガムテープで固定しました。

6.完成

tosoukansoudai09

tosoukansoudai10

感想・改善

上の面が平面になったので持ち手の抜き差しにストレスがなくなって使用感が向上した。
反面、半分にしたものを重ねたので段ボールの目が微妙にズレていて奥まで差し込む時に引っかかりを感じる事がある。

引っかかり解消案
・切断せずに同じ製品二つ用意して重ねる(同じ製品なら目のズレがないかもしれない)
・下段を異素材にする(下段発砲スチロールとか)
・そもそも重ねない(一段運用)

改善した方がいい点はありますが、概ね新調には満足しています。
でも次は自分で綺麗に切りそろえた段ボール貼り付けたの作った方が一番いいんじゃないかって気がしていますw

最後に、『ネコの爪とぎ』に付いてくる『またたび』が余るので、それでじゃれる猫が見れるかもって考えると胸熱(しかし、飼い猫はいない模様)

投稿者:

せーご

『B計画でいこう』というグループでホビー関係のイベントに参加しています。
主に粘土を捏ねてフィギュアを作っています。